埼玉県産 行田在来えだまめ【お届け期間:10/1〜10/17】【フードアルチザン】

埼玉県産 行田在来えだまめ【お届け期間:10/1〜10/17】【フードアルチザン】 商品画像1
埼玉県産 行田在来えだまめ【お届け期間:10/1〜10/17】【フードアルチザン】 商品画像1
埼玉県産 行田在来えだまめ【お届け期間:10/1〜10/17】【フードアルチザン】 商品画像2

※画像はイメージです。

送料込み冷蔵

埼玉県産 行田在来えだまめ【お届け期間:10/1〜10/17】【フードアルチザン】

承り期間:7/1~9/23

お届け期間:10/1~10/17

イオンカードのご利用で基本の5倍(70ポイント)

※200円(税込)ごとに5ポイント

本体:2,600

税込:2,808

在庫:あり

お気に入りに追加

商品の性質上、食品のキャンセル、返品はご容赦ください。

返品について

サービス:

  • のし紙不可
  • 包装不可

【限定500点限り】

埼玉県 行田市 行田在来枝豆 ぎょうだざいらいえだまめ 埼玉県 行田市 行田在来枝豆 ぎょうだざいらいえだまめ
いにしえからの伝統。非常に香りが高く甘味が強い、希少種「行田在来枝豆」。 歴史と伝統が育んだ【行田在来枝豆】 【行田在来枝豆】は、行田市を中心に、「いにしえ」の時代から脈々と農村地域で田んぼの畦(あぜ)などに作られてきました。昭和50年代、埼玉県農業試験場(現 埼玉県農林総合研究センター)が県内農作物の遺伝資源を探索した時、行田市(北河原)の農家宅で代々受け継がれてきた固有種として収集したものです。採種した地名から「行田在来」と名付けました。 いにしえからの伝統。非常に香りが高く甘味が強い、希少種「行田在来枝豆」。 歴史と伝統が育んだ【行田在来枝豆】 【行田在来枝豆】は、行田市を中心に、「いにしえ」の時代から脈々と農村地域で田んぼの畦(あぜ)などに作られてきました。昭和50年代、埼玉県農業試験場(現 埼玉県農林総合研究センター)が県内農作物の遺伝資源を探索した時、行田市(北河原)の農家宅で代々受け継がれてきた固有種として収集したものです。採種した地名から「行田在来」と名付けました。
行田在来枝豆のおいしさの特徴 収穫適期が9月下旬から10月中旬とわずかな期間で、その上生産量が非常に少ない稀少品です。行田在来えだまめは、香りが高く、甘味が強い特徴があり、近隣地域の人から高い評価を得ています。 1現在の主力品種「タチナガハ」(改良品種)や他の在来種よりも、甘味が強い 2大豆の未熟種子である「枝豆」も甘みが強く、特有の風味があり、人気があります 行田在来枝豆のおいしさの特徴 収穫適期が9月下旬から10月中旬とわずかな期間で、その上生産量が非常に少ない稀少品です。行田在来えだまめは、香りが高く、甘味が強い特徴があり、近隣地域の人から高い評価を得ています。 1現在の主力品種「タチナガハ」(改良品種)や他の在来種よりも、甘味が強い 2大豆の未熟種子である「枝豆」も甘みが強く、特有の風味があり、人気があります
行田在来枝豆の特徴 ◆収穫時期のおそい晩生の品種◆茎は太く、草丈が高い◆花の色は白色◆莢(さや)は淡緑で白毛、1莢(さや)2粒が主体◆子実の皮は黄緑色、実は黄色◆枝豆の収穫ピークは10月上旬 行田在来枝豆の特徴 ◆収穫時期のおそい晩生の品種◆茎は太く、草丈が高い◆花の色は白色◆莢(さや)は淡緑で白毛、1莢(さや)2粒が主体◆子実の皮は黄緑色、実は黄色◆枝豆の収穫ピークは10月上旬
行田在来枝豆の故郷・埼玉県行田市 埼玉県の北部に位置する行田市は、利根川と荒川に挟まれた肥沃で平坦な土地を生かして、古くから米麦の生産が盛んな地域であり、県下でも有数な穀倉地帯となっています。 また、長い歴史を持つ行田市は、埼玉古墳群や忍城をはじめとする史跡のほか、古代蓮の里、利根大堰(とねおおぜき)や水城公園など観光資源にも恵まれており、年間を通じて多くの観光客が訪れています。 行田在来枝豆の故郷・埼玉県行田市 埼玉県の北部に位置する行田市は、利根川と荒川に挟まれた肥沃で平坦な土地を生かして、古くから米麦の生産が盛んな地域であり、県下でも有数な穀倉地帯となっています。 また、長い歴史を持つ行田市は、埼玉古墳群や忍城をはじめとする史跡のほか、古代蓮の里、利根大堰(とねおおぜき)や水城公園など観光資源にも恵まれており、年間を通じて多くの観光客が訪れています。
map map
行田市の田んぼアート お米の産地である行田市では、水田を彩る新たな風物詩として定着しつつある田んぼアート。水田をキャンパスに見立てて、色彩のことなる複数の稲を使い、絵や文字を表現するこの取組みは、行田の新しい観光スポットとして脚光を浴びています。 平成24年度田んぼアートの図案は、行田市を舞台にした小説「のぼうの城」の映画公開(平成24年11月2日公開)を記念して、「成田長親(のぼう様)」と「石田三成」を対峙するように配置し、それぞれ陣を張った「忍城」と「丸墓山(まるはかやま)」を描きました。 この田んぼアートは、6月中旬に田植えを行い、10月中旬に稲刈りを行います。見ごろは8月上旬から10月中旬までで、小針にある古代蓮の里内、古代蓮会館展望室からご覧いただけます。 行田市に訪れた際は、是非お立ち寄り下さい。壮大なスケールからなるアートをご堪能いただけます。 行田市の田んぼアート お米の産地である行田市では、水田を彩る新たな風物詩として定着しつつある田んぼアート。水田をキャンパスに見立てて、色彩のことなる複数の稲を使い、絵や文字を表現するこの取組みは、行田の新しい観光スポットとして脚光を浴びています。 平成24年度田んぼアートの図案は、行田市を舞台にした小説「のぼうの城」の映画公開(平成24年11月2日公開)を記念して、「成田長親(のぼう様)」と「石田三成」を対峙するように配置し、それぞれ陣を張った「忍城」と「丸墓山(まるはかやま)」を描きました。 この田んぼアートは、6月中旬に田植えを行い、10月中旬に稲刈りを行います。見ごろは8月上旬から10月中旬までで、小針にある古代蓮の里内、古代蓮会館展望室からご覧いただけます。 行田市に訪れた際は、是非お立ち寄り下さい。壮大なスケールからなるアートをご堪能いただけます。
「いにしえの行田在来枝豆倶楽部」設立 香りが高く、強い甘味が特徴の行田在来枝豆は、収穫期間が短い稀少品である上に、生産量が非常に少ない品種です。生産・流通・販売等を一体的に取組むことを目的に地域資源を活用した産業の振興と伝統の食文化を守り、地域活性を目指すため「いにしえの行田枝豆倶楽部」を設立いたしました。 「いにしえの行田在来枝豆倶楽部」設立 香りが高く、強い甘味が特徴の行田在来枝豆は、収穫期間が短い稀少品である上に、生産量が非常に少ない品種です。生産・流通・販売等を一体的に取組むことを目的に地域資源を活用した産業の振興と伝統の食文化を守り、地域活性を目指すため「いにしえの行田枝豆倶楽部」を設立いたしました。
伝統を守り、そして未来へ繋ぐ。私たちの使命です。 伝統を守り、そして未来へ繋ぐ。私たちの使命です。

商品説明

いにしえの時代から受け継がれてきた、香りが高く甘みが強い希少な行田在来えだまめです。

商品の詳細

JANコード 5904891388740
商品番号 237808
温度帯 冷蔵
内容 行田在来えだまめ 1.5kg入り(250g×6袋)
賞味期間 冷蔵4日
お届け不可地域 全国離島地域。下記は代表的な地域です。
●北海道:旧郡部地域、郡部地域、奥尻郡、苫前郡(焼尻・天売)、利尻郡、礼文郡
●新潟県:佐渡市、岩船郡粟島浦村
●島根県:隠岐郡
●東京都:伊豆諸島(御蔵島村、三宅島三宅村、新島村、神津島村、青ヶ島村、大島町、八丈島八丈町、利島村)、小笠原諸島(小笠原村)
●兵庫県:南あわじ市(沼島)、姫路市(家島町)
●長崎県:佐世保市(黒島町・宇久町・高島町)、壱岐市、五島市、松浦市(鷹島町黒島免・今福町飛島免・星鹿町青島免)、西海市(大瀬戸町松島内郷・崎戸町江島・崎戸町平島)、対馬市、長崎市(高島町・池島町)、南松浦郡新上五島町、平戸市(度島町・田平町横島免・大島村)、北松浦郡小値賀町
●鹿児島県:奄美市、熊毛郡、薩摩川内市(上甑町・下甑町・鹿島町・里町里)、鹿児島郡(三島村・十島村)、出水郡長島町(獅子島)、西之表市、大島郡
●沖縄県:全域
●配達日数を要する一部の地域
★全国離島
備考 ※商品毎にお届け期間設定のある場合は、その期間内でのお届けとなります。
※商品は品質優先でお届けしますので、天候・作柄によってお届け日が遅れる場合がございます。
※極端な天候不順などにより、やむをえずご注文の商品を変更していただく場合もございます。
※数量に限りがある商品もございますので、品切れの際はご容赦ください。

同じカテゴリーの人気ランキング